費用と効果

保険適応

口コミ

値段

ビタミンC

キャンペーン

サイトマップ

未来を変えるスキンケア

シミ取り皮膚科治療は保険適応できるの?

皮膚科を訪ねる

鏡で見るたびに気になるシミを、病院の皮膚科で取り除いてもらう人は多いでしょう。

シミ取り皮膚科治療には、保険適用されるものと、全額自己負担になってしまうものとあります。

保険について

保険適用は、病気やケガなどの治療が必要と判断される場合に適応されるものです。
シミに限らず歯の治療においても、生活する上で必要とされる治療には
適用されますが、必要以上の高い材料を使ったり、見た目を重視した
治療法は適応されません。

シミ取り皮膚科治療で保険適用されるものには、疾病とされる青あざ、
太田母斑、外傷性色素沈着症、単純性血管腫などのレーザー療法となります。

適用されないものは、茶あざ、老人性色素斑、ほくろ、そばかすなどの
美容目的に行うレーザー治療です。

最終的に、適用になるかならないかを判断するのは、治療を行う医師と
なりますので、治療する前に尋ねるのがいいでしょう。

医師の判断

顔にできているシミやあざを取り除くことで、人生が変わることも多いはずです。
悩んでいるより、まずは皮膚科で相談してみましょう。

ちなみに、シミにも種類がいくつかあります。一番多いのが、老人性色素斑とも呼ばれる
日光性黒子で、紫外線をよく浴びるという方に多く見られる症状です。

他にも、にきびを潰してしまってできた傷跡がそのままシミとなって
残ってしまう炎症後色素沈着や、女性のホルモンバランスの乱れが原因でできる
肝斑など、人によって違いがありますので、自分のシミの種類に合った治療法で
進めていきましょう。

Copyright© 2019 shimitori- All Rights Reserved.